読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

monch71's diary

月一でまとめを更新します

13.02. Records

 3月31日。。。 気付いたら1ヵ月遅れになっとった!(笑)結構早い段階から準備しといたのに(笑)気付いたらこうなっていました。
 
 昨年の見逃してしまった洋楽ヒット作、日本のインディーをチェックした2月。実は充実、幅も広くなった。


★★★Song of the month★★★

「チョッパー☆チョッパー」 アップアップガールズ(仮)


 アップさん、いいっすね~。何べんも聞いてしまう。
 アッパーカットに続く必殺技シリーズ第二段。

★★★Song of the month★★★

「アナザーワールド」 禁断の多数決


 スーパーカーZAZEN BOYS相対性理論と日本のインディー感の良いところを
 トータル的に受け継いでいる良いグループです。
 大所帯みたいで、いろんなことができるみたいです。

「夜鷹」 きのこ帝国


 でたー!暗い!いいね!宮沢賢治の「よだかの星」から詩を紡いだんでしょう。
 繊細さとノイズギターの轟音と。若いバンドでこういうのやってくれているのがまた増えました。

「Thinking About You」 Franc Ocean


 グラミーでも数多くノミネート。(ただ主要部門は取れず。)
 やはり2012年は甘くシンプルなR&Bの受けが良かったのでしょう。

「We Are Young (feat. Janelle Monáe)」 FUN.


 こっちはSong of the yearとBest new artistの2冠を獲得。
 「TIGHTROPE」のジャネル・モネイをフィーチャー。

「Say That」 Toro y Moi


 いいっすねー。よくわかんなかったチルウェイブとかこんな感じなのかな?
 音響派で浸れる感じの音楽ですね。もうっちょっとこんなの聞きたいね。

「Rough & Lough」 クラムボン


 クラムボンの一番好きなところはこのグルーブ感。
 彼ららしさが濃縮したポップソングです。大好きやね!

「チョコレート魂」 吉川友


 松浦亜弥の隠れた名曲(と思っています。)のカバー。
 いや隠れた名曲とかじゃなくて、エバーグリーンな極上のポップソングの
 完成型と思ってんだけどw
 この曲の主人公を演じきれるのはあややだけかな~って思っていましたが、
 あくの強い“きっか”ならば、納得ね。

「ラズベリーラブ」 Dancing Dolls


 メジャー前から持ち曲をリリース。もっと出して欲しい!



◇BUY
Base Ball Bear 「バンドBのベスト」


◇DL
アップアップガールズ(仮)「ファーストアルバム(仮)」
 「チョッパー☆チョッパー/サバイバルガールズ - EP」
●Frank Ocean「Channel Orange」
●Grimes「Visions」
●Toro y Moi「Anything In Return」
●FUN.「Some Nights」
AYUSE KOZUELOL
●Dancing Dolls「湾岸ワンダーダーリン/ラズベリーラブ - EP」


◇RENTAL
クラムボン「Rough & Laugh」
吉川友「世界中に君は一人だけ / Valentine's RADIO / チョコレート魂」
●きのこ帝国「eureka」
THE BAWDIES「1-2-3」
ヒャダイン「20112012」
木村カエラ「Sync」
●ドレスコーズ「the dresscodes」
ザ・なつやすみバンド「TNB!」
●禁断の多数決「はじめにアイがあった」
Gorillaz「The Single Collection 2001-2011」



◇Event
☆代官山Loop presents「Negi ROAD Vol.1」 @代官山Loop (*1)



(*1) 出演はUKO、Especia、SAWA、Negicco。これだけメンツが揃ったなら見に行くしかない。
 UKOさんはアーバンな雰囲気あるシンガー(もともとジャズ畑の人かな?)、Especiaの「きらめきシーサイド」の詩を書いたらしい。Especia、前は11月のPS2Uで見ましたが、確実にうまくなっている(笑)新曲も増えてきましたね。SAWA、Negiccoのパンツのクダリはこの先生ならではのぶっこんだ感。また強烈なことを(笑)。
 Negicco、実はこのイベントほとんどネギファンの集まりと見ました。ファンの盛り上がりがパない。で、Negiccoの仕上がり具合もパない。「Negicco売れてまう!」という表現が正しいのかわからないのだが、自信持ってセルアウトに持っていけるレベルで、こんなにいい状態なグループめったに居ない。ただ、Negiccoを受け入れてくれる層があるのかが疑問。誰のためにNegiccoはあるのだろうか。次回のNegi ROADはSOFFEなど異畑との対バンなので、ぜひ広がりを持てる機会があって欲しい。