読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

monch71's diary

月一でまとめを更新します

Tokyo Idol Festival 2013 レポート

 TIF2013のダラダラレポートをお届けします。時系列にただただ追っていく、ダラダラした内容のレポートですので、お見苦しい文章で失礼します(いつもですがw)

行く前

 これまで行われていた3回のTIFは行っていませんでした。でも今回はパイセンが行くと言ういことで、便乗して行くことにしました。
 
 行く前に懸念してたのが、会場が灼熱のお台場だという点。真夏日続きの東京での屋外ステージたくさんの現場であるので、休憩できるようなとこある?水分補給は十分に取れる?行列が激しくて見れないんじゃないの?など、そんなところが気になってた。屋外フェスなので、それなりに制約ありってのは覚悟せんといかんねと思った。出来るだけ涼しく身軽な格好で向かい、会場ではこまめに水分の摂取を、そして無理せず休憩をとる。そのことを心がけることにした。

Day1

 Stone RosesiPhoneで聞きながらお台場へ。まずはフジテレビ湾岸スタジオ内にあるEnjoy Studiamから。

 おはガールちゅ!ちゅ!ちゅ!(Enjoy Studiam)。TIFしょっぱなは、朝会えるアイドルからスタートでおっはー!。まだ中学生のグループということで、垢抜けない感じがまたいい。かわいい女の子を飾ってステージに上げて、ノリの良い曲で踊らせて。古き良きアイドルって感じー。ちゅ!ちゅ!ちゅ!は番組連動のユニットなんで、どうやら次のシングルでラストとのこと。こう瞬き儚いところもいいのかも。真ん中の子、平愛梨の妹だってよ。

 ナイスガールトレイニー (Enjoy Studiam)、曲は良くて結構好きかも。

 さ学 科学究明機構 ロジカ?&テニス部 Pastel Wind (Enjoy Studiam)。さ学は、レベル高い。特にロジカ?の方は、コンピュータミュージックにのせてのロボットダンス的なパフォーマンス、みてておもろいわ!テニス部はとりあえず爽やかな感じ。

 Negicco (HOT STAGE)を見に、Zepp Tokyoへ。ここが一番大きな箱です。湾岸スタジオから、歩いて20分程度。Melody Paletteのジャケの衣装で登場でって思ったら、いきなりぽんちゃが衣装抑えながらの退場。こんなデカいステージで、曲途中ではけていく人初めて見たわw ニューアルバム発売本当におめでとうという気持ちが、見てる方も前面に出ちゃって常にハッピーな空気。新曲たちもすごくグッド。

 またもや湾岸スタジオの方に戻り、後藤まりこ(Smile Garden)。アイドルフェスでの非アイドル、この人は30分枠。自分としてはミドリの時振りなので、約5年ぶりのこの人。やっぱり降りてきて客の上に立つわ、外に飛び出してグランドで歌いだすわ、やっぱりスピーカーに上るわのパフォーマンス。この人やっぱり変わってねえな~って。自分的には、自分のところまで客の上まで歩いてきて、自分の上でバランス崩して倒れるっていう、もうおいしいと言うかなんというかってところで見れて、楽しかったです。この人相変わらず信用出来るかな。

 続けてBiS (Smile Garden)。まあ研究員の熱いコト。横で寝そべりケチャとか始めるし、反対見ると、もはや伝説となったがすぴ~によるチャリフトまでやっているしwww 新メンバー初めて見たけど、まあキャラの濃いのが3人入ったこと。心強い。大盛り上がり。

 湾岸スタジオの屋上に上がってしばし休憩をとる。Zeppから帰るときにビール頂いてたりしたし、屋外が続くとやっぱ体力の消耗が激しい。屋上でもなんとか木陰みつけて休憩できてよかった。それにしてもこの屋上、景色がバリバリいい。東京ベイエリアを一望で絶景やね。

 Dancing Dolls(AZURE STAGE)、あいかわらず歌にダンスに魅せる子たち。新曲、LOVEマシーン マッシュアップで激ヤバ感がすごい。

 屋上に上がって来たのはこれを狙ってたんだ、Especia (AZURE STAGE)、新曲「海辺のサティ」のイントロ始まったけど、3分ぐらい出てこないw ロングヴァージョンのリミックスでイントロが長く続き、やっと出てきて歌がスタート。1曲歌い終わったら、なんと掃けていくというww しかしアウトロが長く続く。しばらく経ってると、メンバーがフロアに降りてきて、お客さんとのハイタッチ。梅田でやったのと同じような感じ。突然のことで盛り上がるフロア。そして、しばらくハイタッチをして、たまメンバーが掃けていった思ったら曲終了。最後、もう一度ステージで出てきて自己紹介・挨拶をやってしめるという。15分枠を1曲で終了www 
 Especiaほんとうにやりおった。他のグループが15分枠、渾身の3曲をぶち込んでくるのに、カップリング曲のロングヴァージョン1曲のみって、どんなけ贅沢な使い方よ。自分達の姿アピールじゃなくて、お客さんと楽しむってスタイルが、このグループの魅力にしたいんだな~っていうのが、改めて分かった、とての素敵なステージでした。 2日間通してベストアクトはこのEspecia (AZURE STAGE)だったなと思いました。

 屋上から降り、パイセンと別れ、Zeppへ戻り東京女子流(HOT STAGE)。大きなステージもお手のものって感じでしょうか、オーラがある感じがします。

 リンダⅢ世(Smile Garden)を後ろで見つつ、パイセンと合流するためベイビーレイズ(Enjoy Stduiam)。「暦の上ではディッセンバー」をやってくれてました。今年のアイドルソングの中ではハイライト。

 雨も降りだした中でZeppに移動しIDOL CLUB NIGHT(HOT STAGE)。あやまんJAPAN、ひどかったw もはやキレが...。大森靖子さん、非アイドル枠です。圧巻の歌声。いずこねこ、まりちゃんは本当に力強くパフォーマンスがすごい。掟ポルシェ+バニラビーンズ、男子で唯一4年連続出場の掟さんはDJを、爆笑のパフォーマンス、よき愛すべきアイドルヲタよね。

 hy4_4yh、楽しみにしてた。ヘルメット、グラサン、法被で出てきたと思ったら、いきなりタイマーズのテーマのカバーで魔改造(FUNKOTヴァージョン)、うわー、これやれるのこの人達だからだわ~。感動。 TAMA FREE、はなびーと、ティッケー大作戦~YAVAY~と、大満足ですげえ楽しみました。

 自分のDay1での最後はBiS。ういぽんが目の周り黒くして、マリリンマンソンばりにして登場。それにしてもZepp Tokyoのキャパにしても大人気で、全然ステージも映えるという感じ。2日感通して感じたのはBiSの人気っぷり。支持されて時代が来てる感じを肌で感じました。nerve、primal など一通り楽しんで、この日は終了。

 すでに10時を回っており、打ち上げは無しにして帰宅。明日に備えます。

Day2

 この日もStone Rosesを聞き名がらお台場へ。昨夜の狂乱から一旦リセットされる感じで、おちつく!昨日打ち上げせず帰ったってのが、パイセン嫁がご立腹ってことらしく、今日こそは打ち上げやって帰ることを誓う。

 OSAKA IDOL LIVE(Enjoy Studiam)からスタート。NA-NA恋愛サーキュレーションをやってて、ダンスがあの真琴ちゃんのフリのヤツで、広まってんな~って感心。Especia、昨日に続き余裕を持ったセットリスト。「X.O.」「トワイライト・パームビーチ」のゆったりとした2曲のみ。うーん、狙い過ぎというか、もっとタイトル曲級をも素直に見たかったと言うのが本音かも。キャラメル☆リボン、なんか歌無しのオケで歌う予定やったのにステージは歌ありのオケが流れててメンバーが混乱して泣いてましたw でも、逆に好印象。グループ中が良いんだろーなーとか、歌に自信ありげなところとか、良いんじゃないかと。TパレさんからSHiNTAプロデュースで出すみたいですね。

 続けてアップアップガールズ(仮) (Enjoy Studiam)も見る。こちらも初めて。うーん、運動量が多いですね~。さすが。

 Negicco (Smile Garden) 屋外でのネギッコはより開放的で良い感じ。セトリは昨日とほぼ同じです。やはり新曲は粒ぞろい。続けて IDOL Summer Jamboree (Smile Garden)、シャッフルユニットなど楽しむ、篠崎愛も見れたし、アイドリング!!!の朝日さんを見れて、個人的に嬉しいばかり。

 HKT48はパイセン判断でスルー。あー、いちおこのイベントの目玉で今一番HOTな人の指原見れないw

 昼休憩も挟みつつ、パイセンお目当てのさくら学院 (HOT STAGE)。まー、ちっちゃくてかわいい子たちが、よーできることw 大きいステージなのに、臆することなくやり切っていくってのがすごいよね。成長期限定ユニットらしい。なんかすごいねw

 再びもどり、東京女子流 (Smile Garden)、こちらも昨日とセットリストほぼ同じかな。続けて9nineということで、合流ユニット 東京nine流 (Smile Garden)でも1曲ずつ披露。

 屋内のEnjoy Studiamに移動。面白いと聞いてきた、くりかまき (Enjoy Studiam)。アナロぐまの被り物をしてきてきたこの2人組何もの?アイドルと言いつつ適度に年食ってそうな落ち着いているビジュアルだし、なんか楽しんでると言うよりふざけてんじゃないか?ってぐらいの勢いだし、異物見た感じ。こういうへらへらしたもの、これから見たいものなのかも。やいこのmy sweet darlin'カバーと、森のくまさんやってったの強烈に印象残ってる。あと、グッツのTシャツとか良かった。

 続けて、ぱすぽ☆のお姉さん分グループ、predia (Enjoy Studiam)。お姉さんグループにはお姉さんグループの良さがある。スタイリッシュにバチっとキマッたルックスに、登場曲なんてバッチリあってたもんな~。

 さらに続いて、こちらが目当てだったんだ:ライムベリー (Enjoy Studiam)。前はPS2Uで見たとは言うものの、ほぼバーカウンターからだったし、まともに見れていない。うーん、ますます堂々としてる。MIRIちゃんの顔つきが変わった!(髪が違うだけ?) アゲアゲになる4・5曲やってくれて、最終盤にして超ノリノリになってしまったw ファンの皆さんが楽しげ。こんなにカチアゲてくれる高校生・中学生ってスゴイね!

 もうそろそろ祭りの終わり感が出てきて、広場でゴロンとしながらさんみゅ~(Smile Garden)、RYUTist (Smile Garden)も見る。そして昨日、雨に見舞われたアクトの振り替えステージ。小桃音まい(Smile Garden)、すげー盛り上がり。

 最後の最後でDorothy Little Happy (Smile Garden)も振り替えステージを見ることができた。TIF2013でもう3回目となる「nerve」、もうすっかりフリも覚えました。そしてあの「デモサヨナラ」と来ると、TIFのクライマックスで、しかも振り替えでとこんなにカマせて見せてくれるってスゴイ。ダンスも曲も歌唱もしっかりしてて、今まで見たこと無かったからイメージ全くなかったのですが、すごい出来るコたち。人気が出るのもよくわかる。それで「オレモー!」絶叫でした。周りの熱狂っぷりもすごい。急きょ設けられた枠なのに、終わったのに、全然アンコールがやまない。感動のステージでした。

 ドロシーのデモサヨナラで俺のTIF2013は終了。

おわり

 品川へ移動して、打ち上げして帰宅。打ち上げはもろもろと合流しまして、楽しくできました。師匠!ほんと2日間楽しくって、行ってよかった。

 ステージのことだけ、つらつら書いてきましたが、そのほかの事も。物販スペースがあって各グループ精力的に販売してて。メンバーが店に立って売りに立ってるグループあれば、知名度のないグループが一生懸命チラシを配ってたりもして、ただただテントでグダグダしてるグループもあったりして、さながら文化祭の雰囲気。なーんか、いいよねw この感じを味わいにだったら、毎年来ても良いかも。

 会場周辺にはビーナスコートであったり、Diver Cityであったり、ちょっと寄り道や休憩もできるところもあったりして、単純にお台場を楽しむってのもありで、自由度の高いフェスだな~って思いました。行かなかったけど、お台場合衆国なんかもやってたし。

 知らないうちに良い感じのフェスシステムを確立してたTIF。そこらでわいわいやってる感じが、全体的に良い感じでした。あとはやっぱド派手なメンツが欲しいな~ってのは頭をよぎるぐらいで。HKTは出たけど、本体AKBの人が出てないのはちょと寂しい、あとスターダスト勢、ハロプロ勢、あとでんぱ組なんかもいなかった。そういうヘッドライナー級がいてもよかったかもと思ったけど、まあこのフェス立ち上がりのスターを育てていくのもそれもいっこうなのかとも思うけども。

 なかなか良い体験ができた2日間でした。やっぱこうやってレポ書けちゃうぐらいの量の内容だったしね。このダラダラ書いてる感じ、ひさしぶりー^^