読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

monch71's diary

月一でまとめを更新します

14.09. Records

Records Music

 すみません。毎度ながらだいぶ放置していました。やっぱそれだけ現場行ってるから。書く暇がないのよってのと、現場のことは現場で消費しちゃってる感がある。

☆☆☆Song of the Month☆☆☆

「東京」 きのこ帝国


 一人の女の子、小さなサイズの風景を描くようになったきのこ帝国。いや、このように演じても全然自然に見えるので、文句のつけようが無い。

「恋のファンフェアー」 星野みちる


 80'sディスコサウンド風良質なポップス歌謡ってのもこの精度まできたか!って感じですね。何を聞きつけたかsignmagに載っちゃうのも、わからんでもない。

「すべてをあざやかに」 TRICK8f


 SHIZUKA姉さんが抜けて2人になったTRICK8f。再始動の新曲は彼女らの元々の畑とも言うべき、ゆったりとしたテンポの古き良きR&Bナンバー。しかもシンプルな一思いを精いっぱいに描いているし、僕はすごく好きなグループなんだなと思いました。

「RingaRinga」 SAWA


 あー、良かった、今年もSAWAさんフィジカルのCD出せたのか、よかったーって思ってしまうのは私だけでしょうか。良くないよね、こう思っちゃうのも 笑。ミニアルバムにはミッドナイトConfusionのセルフカバーも入ってます。Especiaがただ喋ってるだけのをEditしたインタールード的なスキャットもあって、狂ってて本当に最高です。タイトル曲のリンガリンガはここ最近触れあったアイドル達に触発されて、とにかく早いBPMの攻めのトラックを作ってみたとのこと。新感覚POPS!

「イイナヅケブルー」 Charisma.com


 OL HIPHOPユニット、カリスマドットコム。話題のグループですね~。音作りがいちいち今っぽいところも含ませつつって言うのがことごとく巧くって、すごくかっこいい。これぐらいのクオリティーを待ってたぜー。人気なのがよくわかります。

「根にもってます」 在日ファンク


 在日ファンクがメジャーレーベルより初リリース。なんだかハマケンさん怒っているように見えます。

「LISTEN TO THE MUSIC」 Shiggy Jr.


 池田ちゃんってかわいいって思いますか?自分は十分にかわいさ有ると思っているのですが。ただそう思わない人もいそう。特に女性から見た感じを知りたい。あ、でも、その人の美学に合わなければ...ってなかんじだろうかな。自分が目にした中で一番面白くおもったのが「工学部の人が好きそうな女子」。

「サンキュー」 Shiggy Jr.


 そんなシギージュニア。いいバンドですね。昨年、モナレコードのベストアーティストに選ばれたりして、各方面からの支持も集めれそうです。下北系と言うよりももっと幅広いところを狙って行けそうな感じもあります。ボーカルの池田ちゃんのこの音の取り方の感じとかも、よくポップスを知ってるな~って感じで非常に好感を持てます。この曲が一番いいかなぁ~、ラスサビで男女のコーラスになる感じとか最高にくるものがある。



◇Material
●きのこ帝国 「東京」
星野みちる 「E・I・E・N VOYAGE」
●TRICK8f 「すべてをあざやかに」
SAWA 「RingaRinga」


◇DL
●TRICK8f 「すべてをあざやかに ZeroRemix - Single」
●ザ・なつやすみバンド 「S.S.W (スーパーサマーウィークエンダー)」


◇Rental
●Shiggy Jr. 「Shiggy Jr. is not a child」「LISTEN TO THE MUSIC」
●Charisma.com 「DIStopping」
●在日ファンク 「笑うな」


◇EVENT
tofubeats ディスコの神様リリースパーティーvol.2 @代官山UNIT (9/12) (*1)
TRICK8f ニューシングル発売記念イベント @タワーレコード秋葉原店 (9/15) (*2)
☆Perufme 5th Tour 2014「ぐるんぐるん」 @国立代々木競技場第一体育館 (9/17) (*3)
☆Mixed Up @代官山Loop (9/27) (*4)



(*1) Shiggy Jr. 初見でした。渋谷・下北系の雰囲気がプンプンするバンドだと思いました。たしかに池田智子さん指原莉乃感あるw そんなにバンドを組んで時間が立ってそうな感じがしませんが、不安定さもそんなに無くカッチリ太く演奏できてるのは見応えがありました。
 Especia、暁音ちゃん脱退の発表の後初めての関東でのライブ。もうあと少ししか暁音ちゃんが見れないことから、焦り度MAX。でも握手会がすでに終わった時点で会場入りした僕は不謹慎でした。ペシストから遅い!って叱られた。脱退の暁音ちゃんですが、パフォーマンスは今が一番いいってぐらいのクオリティなんですよ。むしろ発表してからの方がよくなったんじゃないかというぐらいで。妙に吹っ切れたような感じがしました。
 藤井隆、憧れの藤井隆さんでしたね。あいもかわらず、ご丁寧なMCでお客さんとのコミュニケーションがお上手な感じで。ナンダカンダを聞けて最高だった! 星野みちる、独特の雰囲気を持った星野みちるさん。バックVJに出てくるプロフィールのフォントも不可思議な感じを助長してたと思います。歌声がYouTubeで効いたまま温かみがある感じで好感でした。「最高か!」って言うの棒かつ低音で、なんかもうよかったです。CD買いました。ボアンって感じの雰囲気を持ったかわいらしいなと思いました。
 tobubeatsはフロアに人が溢れていて見ることができず。変わりにいたサルーンが丁度いい感じでよかった。やっぱ今はceroが掛かると、一番高まるね。

(*2) TRICK8fを見にアキバまで行ってきました。2人になってからどげやろと多少心配はしていましたが、まあ彼女ららしく、そのままでやってました。リードシンガーにAYAKA、FOXにCHIHIROとうのが基本の役割。AYAKAさんの歌が好き、静かに思いをたぎらせているような感じの表現がうまい。サイン会ではCHIHIROさんに告知がまとまって良く言えてたよって誉めたら、ビックリなような顔をしてました。AYAKAさん親しい感じで接してくれるんで、だいぶ嬉しい。

(*3) こちらは代々木編。まあツアーなんで福岡と同じですが、こちらでもSEVENTH HEAVENを見れて良かった。懐かしめな曲もあったり、あまり見れていないc/wの曲ありだったり、ファンには嬉しい内容。恋は前傾姿勢は自分的には好きなナンバー。まさかのアンコールの昔の曲はコンピュータドライビング。GAME TOURぶり?とかなので、だいぶ興奮しまくりでした。

(*4) 暁音ちゃん関東ラストライブはMIXED UPで。MONTBLANC、Shiggy Jr.、ORLANDと出てたけど、それどころじゃなかったしあまり見て無かったのが本音のところ。事前に準備していたヲタ達が、1曲目スカイタイムのミドルエイトで一斉サイリウム発射し、客席をエメラルドグリーンに染めました。事あるごとに暁音コール、ぴよ書いた紙をフロアで書いて撒く、リフト、全然関係ないトコロでリフトなど、いろいろありましたが、暁音ちゃんはいつも通りでした。やっぱり最後となったこの時が、パフォーマンスのキレが良いような気がしている。最後の挨拶も、ファンの方々への誠意が伝わるし、確固たる自分の信念もあるしで、とても暁音ちゃんらしかったです。